治らない咳

2014/04/14

はじめに

咳はどうして出るのか
咳は気管支の内壁には神経が通っていて なんらかの異物を感知すると 吸い込んだ異物を外に出すため反射が起こる。

原因

アレルギー体質で喉が敏感になっている
気道の粘膜に常に炎症が起こっている状態
一旦炎症ができてしまうと、炎症により気道は敏感になり、ホコリはもちろん、湯気、ストレス、急に冷気を吸い込んだり、香り、花粉などちょっとした刺激に敏感に反応して咳が出ます
炎症が起こり狭くなった気道に痰を排除しようとしてより咳が出やすくなる。

ストレスを感じやすい人

胃腸が弱い人

肩や首のこり
肩や首の筋肉が固くなると、喉回りの筋肉が収縮するため。
こりをほぐすことで症状が改善される

対策

マスク

外からの刺激からアレルギーを起こさない環境をつくる
アレルギーを引き起こす原因となるアレルゲン(※)の排除は不可欠。
週に数回、布団や枕などの寝具を干したり、室内をこまめに掃除する。
出来るだけ発作を起こさないことで喘息の症状の悪化を防ぐ。
・気温、湿度変化
・チリ、ダニな、ハウスダスト
・花粉、アレルギー物質
・たばこの煙
・ 空気の入れ替え
・ 空気清浄機

気温の変化
低気圧では、自律神経の副交感神経が優位となり、気管支が収縮するため咳が出やすくなります。
気温の変化がストレス要因となり咳が出る場合があります。
アレルギーを引き起こす原因となるアレルゲン(※)の排除は不可欠。
週に数回、布団や枕などの寝具を干したり、室内をこまめに掃除する。

飲食に気を付ける

飲酒を控える
アルコールは原則控えることが望ましい。
お酒を飲むと、体の中にアセトアルデヒドという物質ができます。
この物質は、気道を収縮させて咳を起こしやすくします。

刺激的な食べ物は避ける
人間の舌で刺激を感じるような食べ物の場合気道でも刺激を感じます
・冷たいもの
・炭酸水
・刺激の強い料理

食べ過ぎない

胃食道逆流症
気道ではなく食道に炎症がある状態食道にも咳中枢を刺激する部位があるため、咳が出ます。
食道と胃のつなぎ目にある下部食道括約筋という筋肉の機能低下や、胃酸が増え過ぎることで起こります。
食事中や食後に咳が出やすい
胃酸の分泌を抑える薬剤を服用します。

食べ過ぎに注意する
腹圧の上昇が逆流の原因、増悪因子となることから食べ過ぎに注意する.
大量に食べれば胃酸も大量分泌されますので、暴飲暴食はつつしみ、腹八分目を目安とし、肥満や便秘を解消するようにして下さい。
間食も食べるたびに胃液が分泌されるのでさけてください。

対策
・早食いはしない
・腹八分目の食事をする

胃液の分泌をうながす避けた方が良いもの
高脂肪食
チョコレート
アルコール
コーヒー
炭酸飲料
柑橘系ジュース
香辛料
玉ねぎ
酢っぱいもの

ストレスをためない

原因がわからなかった場合ストレスが原因
人はストレスを感じたり緊張、イライラすると呼吸が浅くなってしまいます。
副交感神経が働くと気管や 気道が収縮して咳が出る
睡眠中や物事に集中しているときはあまり出ないのが特徴。
ストレスが多くかからない睡眠中などリラックスしている状態では出なくなります。

ストレスを意識する
原因でもあるストレスを取り除くことが根本の治療。
まずはストレスを抱えていることを意識する

ストレスをため込まない
日ごろからストレスの原因となる過労を避け、6時間以上の睡眠や休養を十分にとることが大切。

リラックスする

浅い呼吸を深くする方法
気が付くと呼吸を浅くしていたり呼吸を忘れていることもあります。
浅い呼吸は放置しておくと代謝が落ちて肌の調子やダイエットに影響したりよりストレスを感じてリラックスできなくなったりする
ゆっくりとした深い呼吸は副交感神経に働いて、血管が開き、末梢まで血流がよくなり全身の筋肉が緩むために体はリラックスします。

呼吸法
15秒~20秒ほどかけて
仰向けになってお腹をへこませながら口から細い息を吐く
下腹を膨らませながら鼻でしっかり息を吸う
ゆっくりと口から息を吐く息をしっかりと吐く
ポイントは息を吐くことをより意識する
鼻呼吸をすることも大切
すぼめ呼吸は、鼻から息を吸って、息を吐くときに口をすぼめて息をふーっと吐き出します。
息はゆっくりと吐き出して下さい。
口すぼめ呼吸を行う目安として、吸う時の約2倍~5倍の長さが必要と言われています。

体力づくり
心肺機能を高めて運動をしても発作が起こりにくくなる体質を作るために役立つ
水泳など適度な運動を行い、抵抗力をつけることも咳喘息の予防につながります。
普段運動を行っていなかった人は歩くことやヨガのような心拍数が上がりにくい運動をやらなければなりません。
・ウォーキング
・水泳
・ヨガ
・筋トレ
・太極拳

マッサージ・ストレッチ
背中の筋肉や肩甲骨をほぐすことで、呼吸をしやすくなるのも喘息が緩和できる理由です

姿勢をただす
猫背や肩が前に出てしまっていることで胸周りを圧迫し、深く呼吸ができなくなっているのです。

喉対策

適度に水分を摂取
痰が絡みやすい喘息や気管支炎の方が水分不足になるとますます痰がねばりつくようになり発作の悪化につながる。

うがい
うがい薬を使うと正常な細菌叢(そう)も殺菌してしまいます。

ミントタブレット風呂に入る
シャワーだけで済ませず入浴

温かい飲み物
冷たい飲み物が気管を刺激して縮まり咳の原因になります。
逆に温かい飲み物をゆっくり飲むと、からだも暖まり、蒸気によって加湿効果もあります。
抗酸化作用や抗菌作用があり、のどの奥の症状を和らげる効果があると言うハチミツを温かい紅茶に入れたものも良い。

喉に良いもの
・ハチミツ
・ヨーグルト
・しょうが
・にんにく
・のどあめ

  • ※記事の内容は異なる場合もございます。
  • ※内容については保証できず一切の責任を負い兼ねます。

関連記事

↑top