治らない咳

2014/04/14

はじめに

咳はどうして出るのか
気管支の内壁には神経が通っていてなんらかの異物を感知し反射してる

喘息は慢性的に咳が続く気管支の病気
気道が狭くなって様々な刺激に敏感になり咳や炎症を引き起こします

原因

炎症で喉が敏感になっている
ウイルスや菌が気管に炎症が起こし気道は敏感になってします。
するとちょっとした刺激に敏感に反応して咳が出ます
・風邪
・マイコプラズマ肺炎
・百日咳
・細菌感染
・結核
・肺がん
・肺炎
マスクをする

うがいをする
うがい薬を使うと正常な細菌叢も殺菌してしまう。

気温の変化
気温、湿度、気圧の変化するとき、気管を刺激するため。
・気温、湿度変化
・風呂あがり
・ラーメンを食べるとき
・電車に乗るとき
マスクをする

アレルギー・刺激物質
気管を刺激するため
・ほこり、チリ、ダニな、ハウスダスト
・花粉、カビ、アレルギー物質
・たばこの煙
・喫煙
・香水
マスクをする

疲労、精神的ストレス
自律神経が気管に通じ様々な刺激を受けやすくなるため
・夜寝るとき、朝起きたとき
・しゃべるとき、歌うとき

肩や首のこり
肩や首の筋肉が固くなると、喉回りの筋肉が収縮するため。

姿勢をただす
猫背や肩が前に出てしまっていることで胸周りを圧迫している

対策

すぐには治らない
喘息は「治す」のではなく「付き合っていく」のが基本

病院にいく
吸入ステロイド薬と吸入気管支拡張薬が中心

環境をつくる
出来るだけ発作を起こさないことで喘息の症状の悪化を防ぐ。
・布団や枕などの寝具を干す
・室内をこまめに掃除する
・空気の入れ替え

事前に対策する
面接や会議の前などストレスを受けることが前もってわかる場合すくりを準備する

適度に水分を摂取
痰がねばりつくようになり発作の悪化につながる

食事を気をつける

食べ過ぎない
腹圧の上昇が逆流の原因
大量に食べれば胃酸も大量分泌されますので、暴飲暴食はつつしみ、腹八分目を目安とする。

刺激的な食べ物は避ける
・炭酸飲料
・冷たいもの
・高脂肪食
・チョコレート
・アルコール
・コーヒー
・酢っぱいもの

喉に良いものを飲む
・温かい飲み物
・ハチミツ
・しょうが
・ヨーグルト
・にんにく

ストレスをためない

原因がわからなかった場合ストレスが原因
人はストレスを感じたり緊張、イライラすると呼吸が浅くなり、体内の細胞から炎症物質が出される。
・生活リズムの乱れ
・毎日の残業
・夜更かし

原因でもあるストレスを取り除くことが根本の治療
例えば、「プロジェクトを任されたけれど、自分にできるのか不安」の場合、できるかどうかわからないことが不安の原因。
何をいつまでにどうすればいいのかをアウトラインを把握して見通しが立てば、不安もストレスも軽くなる。

対策
・休養を十分にとる
・6時間以上の睡眠
・ミントタブレット

リラックスする

五感で心地よいと思うものでストレスから解放してあげる
・視覚なら花や緑を眺める
・聴覚なら音楽を聴く
・味覚ならおいしいものを食べる
・触覚ならマッサージを受ける
・嗅覚ならアロマを焚く
・黙々と運動
・カラオケでスッキリ
・入浴剤を入れて半身浴
・好きな音楽を聴きながら雑誌を読む
・映画で泣いたり笑ったり
・ハーブティー

呼吸法
15秒~20秒ほどかけて
仰向けになってお腹をへこませながら鼻から息を吸う。
息を吐くときには吸う時の約2倍~5倍の長さでより意識し、口をすぼめて息をゆっくりと口から息を吐き出す。

浅い呼吸を深くする方法
浅い呼吸は放置しておくと代謝が落ちて肌の調子やダイエットに影響したりよりストレスを感じてリラックスできなくなったりする
ゆっくりとした深い呼吸は副交感神経に働いて、血管が開き、末梢まで血流がよくなり全身の筋肉が緩むために体はリラックスします。

マッサージ・ストレッチ
背中の筋肉や肩甲骨をほぐすことで、呼吸をしやすくなる。
こりをほぐすことで症状が改善される。

風呂に入る
シャワーだけで済ませず入浴

運動する

体力づくり
適度な運動を行い、抵抗力をつけることも喘息の予防につながります。
心肺機能を高めて運動をしても発作が起こりにくくなる体質を作る。
・歩く
・ストレッチ
・筋トレ
・ヨガ
・水泳

  • ※記事の内容は異なる場合もございます。
  • ※内容については保証できず一切の責任を負い兼ねます。

関連記事

↑top