現代病

2016/02/05

初めに

文明の進化と体の進化のミスマッチによるものなのであなたのせいではない
狩猟採集時代250万年、農耕社会1万年、現代的な社会250年たった100年200年で良くも悪くも激変した
人の体の進化が現代の社会の発展ついていないことが原因で起きる病気や体の不調のこと。

文明病の正体体は炎症
メンタルは不安
炎症
細胞レベルで火事が起こっている
細菌ウイルス異物と戦う
いろんな原因で傷ついた後修復

情報過多で脳過労
4、6時中スマホやPCから情報が次々と飛び込んでくるを浴び続けている。
自身に影響が及ばない情報によって、脳や感情が刺激され続け、自律神経のバランスが乱れる。
増えすぎた情報を処理しきれず脳がついていけていない。

鬱とは
気分の落ち込み、喜びや興味の減退が2週間以上続く病気です。
日本では100万人以上のうつ病患者がいるともいわれています。

食べ過ぎてしまう
早食いはよく噛んで食べる
ゆっくりだと満腹感がえられる

お酒
理想は休肝日
できるのであれば1日日の量を減らす
ウイスキーはカロリーゼロ

注意
抗生物質は良い菌も殺す
殺菌のしすぎは良くない

原因

文明病の主な原因は炎症と不安
・おおすぎるカロリー
・おおすぎるストレス
・少なすぎる睡眠
・少なすぎるビタミン、食物繊維
・少なすぎる運動

不安について
昔の人は未来という概念があまりない。
それにくらべて現代社会は生き方が多様化している。
そして未来について考えてしまいぼんやりとした不安を抱える。
不安は体を戦闘モードにする
体を休められていない

マルチタスク
一時的に生産性は上がるように見えても、脳にとっては複数の事柄に注意を分散させることで疲労をしやすい

自己肯定感の低下
SNSから膨大に流れてくる誰かの主義、主張や価値観これらの情報により無意識に自分と他人を比較してしまう。
様子を真似しても変わろうとしても簡単に今日はなれない
ギャップから自己肯定感の低下や劣等感の発生

更年期心の病
・社会人としての勝ち負けが見えてくる
・離婚や未婚のリスク
・体力や気力の低下
・在宅ワークでの倦怠感や自己否定
・自分自身の小さな物語と向き合えない歌を共有できる友人がいない
・周囲ができとなり社会から孤立
・人脈や知識がなく社内評価が下がる
・コミ力低下で出生転職に悪影響

ストレスを減らす
15分20分のお昼寝も有効
適度なストレスを与え、サーチュインを活性化させることで老化を遅らせる。

対策

調整できるところで対策
・全体的な量を減らす
・白米を減らす
・揚げ物、味の濃いものを控える

価値観をはっきりさせる
自分の人生において重要なものをはっきりさせるそうすることで将来にたいする不安がなくなる
現代人は価値観がたくさんあり多様化していて選択が難しくなっている
自分は人生において何が大切にしていきたいのかみえにくくなっている。
では自分は自分の人生に対する価値観をはっきりする。

環境をつくる
人間の行動は環境設定できまる
近いととってしまう

疲れを取るには正しく疲れることが重要
肉体的に体が疲れていないので寝付きが悪くなる睡眠の質も悪くなる
結果目覚めも悪いので朝起きたときに疲れが残っていると感じると言う負のサイクルにはまってしまっている

不安を軽減する方法
自分の価値観を明確にする
自然
健康的な食事
運動
人生を充実させている。

老化を遅らせる
・腸内環境を整える
・空気をよくすること
・発酵食品をとる(納豆、味噌、キムチ、チーズ、ヨーグルト)
・運動する
・自然に触れる 川の音や鳥のさえずり
・良好な人間関係を持つ
・よく寝る

同時作業を行わない
あらゆる事柄をシングルタスクとして捉え仕事や作業を同時並行で行わずに一つ一つ助けていく思考習慣を見つける
足裏の感覚にのみ集中しながら歩く
最初の一口を味や香り舌触りにのみ意識を向けて時間をかけて味わって見る
毎日やっていることこれだけ意識を向けて行ったのはいつぶりかそれだけで心が落ち着き

サードプレイスを作る
行動としては人と話すことが効果的コンビニの店員スナックのママ誰でもいい
とにかく話す回数を増やすことで心が満たされる。
話し相手欲しくてクレーマーになる人もいる
そうならないようにポジティブな要因で人に話しかけれるよう訓練する
趣味のサークル、会社家以外のサードプレイスを作る

マインドフルネス

いまここに集中する
過去のも未来にも囚われずにいまこの瞬間にだけ意識を向けている状態のこと
瞑想余計なことをかんがえずにいまここに集中する
日常の行動すべてに対応できる

畏敬の念をいだく
自然、アート、巨大建造物、歴史上の人物
ストレスや不安を軽減させる
自然、山、海、川、宇宙
アート、音楽、巨大ダム、巨大スタジアム、歴史の建造物、
歴史上の人物、カリスマ性のある人物、有名人

症状
・気分の落ち込み
・憂うつ
・集中力欠如
・イライラ
・疲れやすさ
・頭痛
・肩こり

ストレスの解消
欲求(愛情、承認など)や感情(怒り、悲しみなど)の抑圧を適切に処理していくことが大切です。
・入浴
・十分な睡眠
適度な運動

自分の意見を持つ
このようなタイプの主体性のない人は気が弱かったり、お人よしだったり、自分よりも他人の気持ちを優先してしまうことが多く、自己を強く主張することができません。
人から何か意見を求められたときに私はどっちでもいいよなどと言ってしまうことがよくある。
こうした自分の考えを持たないことの積み重ねは無気力に付け入る隙を与えてしまう

友人や知り合いと話をする
一人でいると自分自身だけの考えしか思いつかず克服したいと考えても思い付かない。
自分とは違う考えを持った人と話をして新しい風を自分の中に送ってあげる。
面倒くさいと感じるのであればラインやメールで連絡をするだけでも良い。
また関係のない他愛無い話をするだけでもリフレッシュします。

自分の感情に刺激を与える
映画を見るのも効果的。悲しい、感動、嬉しいという感情が随所に持り込まれているのであなた感情に少なからず働きかけてくれます。
ジャンルは問いませんが、温かい気持ちになれたり感動できるような内容がおすすめです。

お笑い
病気の予防や進行を遅らせると言われている位万能薬

自然
公園にいく
友人と話す
ストレス
睡眠
運動
最低12分の早歩き

  • ※記事の内容は異なる場合もございます。
  • ※内容については保証できず一切の責任を負い兼ねます。
↑top