ストレス耐性の強い人の特徴

2013/06/20

ストレスを発散させる
現実生活で注意できることは、睡眠不足やカフェイン、アルコールの摂り過ぎに気をつけることくらい。
週5日以上拘束されて労働するなかでストレスになるのは当たり前。
ストレスは減らそうとする努力よりどのように発散するか考える。

とにかく“自分のための時間”を定期的に作る。
自分の趣味やスポーツなど自分のために費やせる時間を確保する。
“自分のために時間を使えた”という実感が重要です。

1日ごと、あるいは1週間ごとに、受けたストレスを発散し、溜めないことを意識する。
その日、その週にたまったストレスを定期的に発散しきれるよう工夫を重ねる
  • ※記事の内容は異なる場合もございます。
  • ※内容については保証できず一切の責任を負い兼ねます。
↑top