禁酒するメリット

2013/06/20

はじめに
———————————
人間は快感のために生きている
暑い夏は仕事終わりの一杯や、ビアガーデンでの飲み放題などが特においしく感じられる季節だ。
毎日のように晩酌を楽しんでいるという人もいるだろう。

適量のアルコールは百薬の長。
お酒を控えるメリットとしては健康面、金銭面、生活習慣等さまざまあります。
食欲を増進させ、気分をリラックスさせますが、それ以上の飲酒は心臓病、ガン、糖尿病などの病気や若すぎる死のリスクを高くと聞きます。
健康面については1日あたり日本酒で1合(180ml)までが適量とのこと。
大量飲酒とは、毎日日本酒を五合以上、ビール大瓶六本は飲む人
お酒は「飲み過ぎない」「ほどほどのところでやめておく」ことが何よりも大切です。

飲酒が体に悪い理由
酒そのものに含まれているアルコールは肝臓には害がなく、アルコールが分解された時に生まれるアセトアルデヒドが有害。
お酒を飲むと顔が赤くなったり、頭痛が生じたり、気分が悪くなったりしますが、これらの原因がアセトアルデヒドです。
このアセトアルデヒドの影響を受け続けると、アルコール性肝硬変の原因となり、さらには肺不全や肺がんになることがあります。

アル中
お酒がないと眠れないというのは、すでにアルコール依存症としての症状が出始めているのです。

禁酒するメリット
———————————
禁酒はメリットの方が大きい
実際に禁酒へ踏み切るに至らないのはやはり、飲酒へのメリットばかり見ているから。
禁酒をしても飲酒している時と同じ事ができますし金銭面や体調面を考えると禁酒の方が財布にも身体にもいい事。
健康診断で毎回、医師から「飲酒量を控えてください」と言われる人は一度禁酒にチャレンジしてみる。
あまり重く考えずに軽い気持ちで始めてみるとお酒の無い生活が自分には合っていたなんて発見もあるかもしれません。

健康な体になる
肝臓をはじめとする内臓が弱っていたり病気になったりしています。
お酒中心のため、健康と美容の源である食生活が乱れきっています。
不規則な食事、暴食あるいは何も摂らない、栄養バランスの欠如など。
食生活が乱れれば美容と健康に大きな影響を及ぼします。
たとえ寝たとしても泥酔状態なのでその眠りの質はよくありません。
これでは肌も心も老いてしまいます。

金銭的な余裕ができる
1日1缶ビールを飲んだとして1缶約200円×30日で6,000円にもなります。
これが1年ともなると、72,000円もの出費となりますが、禁酒をすれば抑えることができます。
さらにおつまみが入れば実際はもっとお金が掛っている。
禁酒によって金銭的な余裕ができると、自分のやりたいことを充実できる。

時間の余裕ができる
お酒を買いに行く手間や労力や余分な時間も捻出できます。

ぐっすり眠れる
お酒を飲まないと運動をすることで、質の高いぐっすりと熟睡できる睡眠を取れるようになります。

二日酔いが無くなる
二日酔いで楽しみにしていたイベントが楽しめなかったり、折角の休日を1日無駄にしてしまう事がなくなる。
禁酒をすれば二日酔いになる事は無く予定通りに何事も進める事が出来るようになる

気づかないうちに痩せる
お酒を飲み始めると自制心がきかなくなり揚げ物などを勢いで食べてしまったりいつもより食べ過ぎてしまったりします。
お酒を飲まないことで、“酒”“おつまみ”分のカロリーを抑えることができると考えれば、自然とダイエット効果が期待できることも納得できる
お酒を飲まないことで、自制心が上手に効き必要以上に食事を多く摂らないようになるので自然にダイエットができ痩せられる。
おつまみの量が減り自然とダイエット効果が期待できる禁酒は最初に体重が落ちます。
ダイエットしたいならとにかくお酒をやめましょう。

ガンのリスク
最新の研究は飲酒によって7種類のガンが引き起こされる可能性があるとのこと。
7つの部位とは中咽頭と喉頭、食道、肝臓、大腸、直腸と女性胸部で、その他、前立腺ガン、膵臓ガンおよび悪性黒色腫のような他のガンとアルコール摂取の間に強い関連性を示す証拠が増えているが「因果関係がある」と結論づけるにはまだ証拠が足りないとのこと
飲酒量が増えるほどガンになる可能性が高まることを示している。
そしてガンによっては禁酒するとガン発症のリスクが減ることも判明している。
脳に悪影響(害)を与える恐れがる適量のお酒でも脳の萎縮が起こり、過去の飲酒の影響が残り続けます

食事が、おいしくなる。食が進む

お酒が甘えられない理由
———————————
手っ取り早く快感が得られる
酒は他の快楽に比べて簡単に手に入り飲めばハッピーになれる。
精神的にリラックスできる
ストレス解消となる

禁酒のデメリット
———————————
付き合いが悪くなる
お酒はコミュニケーションの一つですからコミュニケーションツールを1つ失う事になります。
今まで誘われていた、お酒の席でも「誘いにのったら飲まずにはいられない」と分かっているなら断ってしまいますから、付き合いは減ってしまいます。

禁酒のきっかけ
———————————
ストレス発散の方法を新たに見つける
お酒を飲む事で簡単に気分が良くなりストレス発散や嫌な事が忘れられる等メリットもあります。
飲酒は手軽にストレス発散やリラックス効果をもたらしてくれますから、それと同等のストレス発散方法を見つけるのは難しい。ストレス発散の方法を他に見つけなければいけません。

目的さえ定まれば、禁酒成功が目指せる
結婚を機に家族のために頑張る
海外旅行に行くための費用のため
キレイに痩せるためのダイエットのため

休肝日を気分転換とする
毎日のように酒を飲む習慣を持つ人などにとっては「お酒を我慢する」ことが、実にいい気分転換となる。たまに「お酒を我慢する日」などには、何かそこに「いつもと違った時間」が流れているような心地よさを感じるものです。
また体に休日を与えてあげることで、これは健康にもつながります。

禁酒するには
・まずは意識をする
・お酒の当てになるような物を買わない・食べない
・外食をするなら居酒屋ではなくて、イタリアンなどのお店を選ぶようにする
・毎日水をたくさん飲む

  • ※記事の内容は異なる場合もございます。
  • ※内容については保証できず一切の責任を負い兼ねます。
↑top