アンチエイジング

2014/04/14

アンチエイジング
30をメドに基礎代謝、筋肉量が加齢にともなって少なくなります。
老化は止めようがないとはいえ、少しでも若さを持続するため早めのケアを心がける。

年齢を感じる部分

体力
疲れやすい、疲れが取れない

昔と同じことをして体型が変わってしまう
代謝が落ちたと感じる

シワ・シミ
シミは一度できてしまうとお手入れで目立たなくすることが困難。

毛量質
50代の約4割は脱毛症になるといわれている。
月に1回は美容院でトリートメントやヘッドスパなどを受けて髪の老化を防ぐ。

フェイスラインのたるみ
やわらかいものを食べる傾向にあり、アゴイから首にかけての筋肉を使わないことで、脂肪がついていないのにアゴや首にたるみができてしまう。
顔の皮膚と頭皮は1枚で繋がっているのでヘッドマッサージをすることで表情筋の衰えや皮膚の弾力低下を解消し、顔の血行を促進できます。

性欲減退
30歳代から減り方はかなり急速で、40代になると20代の約半分になってしまいます。

白髪
30代から白髪が増え始め、50代になると髪の毛の約半分が白くなるといわれています。

名前が覚えられない
名前がすぐに出てこない、思い出すのに時間がかかる。

年下の話題についていけない
世の中の流行に興味がなくなってきた

対策

服装

サイズ感があってない
服のサイズ感と体型さえあっていれば、老けて見えることダサく見えることもなくなります。
楽だからという理由で自分の体系にあっていない大きめの服を選ばない。

服装のセンス
時代遅れなファッションは、周りから浮いてしまう。
古臭すぎないセンスをキープすることも、若く見えるためには必要な要素です。

ファッションを楽しんでいる
流行りを適度に取り入れ、本人のキャラクターに合う服装や明るい色を好んでいる

白髪

はじめに
35歳から白毛がでる
生えてくる時最初はみんな白髪インクがされないプリントと同じ
原因は老化によりメラノサイトが働かないため

対策

タンパク質とミネラルなど栄養をとる
・納豆
・亜鉛
・ビタミン、ミネラル
・チーズ
・ヨーグルト
・バナナ
・たまご
・豚肉
・ナッツ
・刺身

頭皮マッサージ血行をよくする
毛細血管が減ると栄養がわたらな
頭皮が動くように下から上に指の腹を使って
・悪い油は避ける
・ストレス
・血管が細い場所に白髪は増える
・肩首、顔周りに、分け目
・咀嚼することで顔周りにの筋肉をつかう

睡眠を充分ととる

注意
・活性酸素加工食品、カップラーメン、添加物をやめる
・糖分の摂りすぎ
・ストレスを溜めない
・紫外線
・激しい運動

白髪抜くと毛根に炎症を起こし生えなくなる事もある
眉毛と同じ

若く見えるヘアスタイル

潤いのないパサパサ
髪ボリュームを失った髪は、全体的に老けて見えることもあります。

メリハリをつける
前髪をあげることやツーブロックにすることで、よりスッキリとして、メリハリをつける。目が前髪で隠れていないことや、バサバサで広がったりしていない。

くせ毛
毛穴の歪みを治すには、頭皮マッサージを心がけることや自分に合ったシャンプーで正しい洗髪をするくらいしかない
毛穴が歪むことで髪のくせが強くなってしまう。毛穴に詰まった皮脂がフタとなり、髪に必要な油分が行き渡らずに、髪のパサつきが進行して、くせが強くなってしまうこともある。

シルエット
・ひし形のシルエット
・おでこを出さない
・毛の動き
・トップにボリューム
・前髪を分けない

髪型はこまめに整える
「しっかりとスタイリングすること」「こまめに美容室に行くこと」を欠かさずに行えば、清潔でさわやかな印象を与える髪型になります。

食べ物

食事
食事量と回数を減らす

ポリフェノールで若返る
・コーヒー
・緑茶、紅茶
・赤ワイン
・くるみアーモンド
・チョコレート

血行を良くする
・水分補給
・ビタミンC、E
・ミネラル
・EPA、DHA

カテキン
リコピン

スパイスは老化防止に効く

立ち振る舞い

内面は外見に表れる
行動力があり、活力にあふれている人は何歳になっても若く、魅力的に見えますし、反対に活力がなかったり、新しい物や文化になじみがない、熱中していることがないと、老けて見えてしまいます。
内面が若々しい人は、明るく表情が豊かな人が多く、老けた印象の人は、元気がなく無表情な人が多いといった風に、外見にも影響を与えます。

生きがいを持つ
生きがいを感じられるかどうかは健康状態や友人の有無などが大きく影響することがわかっています。
人の世話になったまま長生きするのではなく、社会や家族仲間に貢献して自分は必要とされていると感じることが大事。

アクティブ
若い人とコミュニケーション取っている人は若く見える
気持ちの部分でも若々しさを保つことができる
新しいことに挑戦したり、若い人と話す機会を持つことで、
内面の若々しさを保ちましょう。
また、新しいものを生活に取り入れることで、趣味嗜好や価値観に最新のものを取り入れる。

前向きな姿勢
自虐はNG
新しいものが好き
仕事ができるのに謙虚
年下にも敬語、必要以上にでしゃばらない、悪口言わない。

笑顔でいる
笑顔を作ると口角が自然と上がります。
筋力を引き上げる効果があるため、老け顔予防のためにも、笑顔で過ごす。

外見に気を配る

常に第3者の視線を意識する
常に誰かに見られているイメージを持つことが大切です。
誰かの目線を感じることで、姿勢を正そうと気をつけますよね。

猫背なだけで老けて見える
若く見える人は、基本的に姿勢がキレイな人が多い。
猫背だと銭肉もつきやすく、二重あごの原因にもなり若くは見えません。

ストレス

体に適度なストレスをあたえてかるく追い込む 
適度にストレスを与える環境でサーチュインを動かす
サーチュイン破壊をせず負荷をあたえる程よく追い込む事が良い
適度なストレスを与えサーチュインを動かす
寒い環境と熱い環境に適度に身を置く

血行を良くする

同じ姿勢で何時間もいない
同じ体勢で何時間も動かないままでいることで血行が悪くなります。
それによってむくみが発生してしまい、特に座りっぱなしで下半身で血行が悪くなってしまうと顔がパンパンになってしまうことも。

風呂あがりのストレッチで全身の細胞が元気にさせる
・マッサージ
・背骨を伸ばす
・ベッドの上でヨガ

むくみ解消にはリンパマッサージ
リンパは老廃物や余分な脂肪を流してくれる役割があるので、リンパ液の流れをよくすることが大切なのです。
頭や首を回したり上を向いてあごのラインをストレッチする

よく噛む
首とアゴが刺激されて小顔効果があります。慣れないうちは筋肉痛になりますが、それは効いているということなのでOKです。

運動

バランスよく立つことを意識することでインナーマッスルを鍛えられる
足裏意識して歩く

マインド

ポジティブシンキング
イヤイヤは幸せホルモンでない
程よいストレスで幸せホルモンを出す
この状況を楽しくやるには

人生に刺激を与える
珍しいこと未体験にどんどん挑戦しておく
同じやり方で同じことをやる人間はすぐにふける
・聞き手
・違う道
・大なり小なり新しいことをする
・面白みがない
・新しい知識
・新しい場所
・新しい食べ物
・あたらしい仕事
・新しい人間関係
・そのほうが人生楽しい

  • ※記事の内容は異なる場合もございます。
  • ※内容については保証できず一切の責任を負い兼ねます。

関連記事

↑top