若返るには筋トレと有酸素運動

2013/06/20

20代後半から体の成長をコントロールする成長ホルモンの分泌量が減少し全身の老化現象が加速する。
成長ホルモンを増やすタイミングは運動後2~4時間と睡眠中。
腕立て伏せや腹筋といった、筋肉に負荷をかける運動をすれば、成長ホルモンの分泌量は増やせる。
それに加えて、有酸素運動によって全身の新陳代謝を良くすることも若さの維持には大切。

  • ※記事の内容は異なる場合もございます。
  • ※内容については保証できず一切の責任を負い兼ねます。

関連記事

↑top