口臭

2020/01/04

はじめに

歯垢(プラーク)
食べ物の残りかすを栄養とする微生物とその代謝産物からなり、長期間たつと歯石を作っていきます。むし歯や歯周病の原因になります。

歯石
歯垢が作ったかたく固まった石灰分。
歯石がたくさん付くようになると口臭もひどくなってきます。
また歯石が付くことにより歯周病を進行させます。

口臭の約90%はお口のトラブル
舌に細菌やヨゴレがたまることで口臭が発生する
歯周ポケットのなかには歯垢や歯石がたまって、細菌が増殖しさらに症状を悪化させてしまいます。
歯肉が炎症をおこして赤くなったりはれたりします。

原因

歯磨きが十分でない
口臭の原因となるのはおもに歯周病菌などの嫌気性細菌です。
食事の食べかすや細胞の死がいなどのたんぱく質を細菌が分解することで口臭ガスが発生する。

乾燥
細菌は唾液にまじっていて、口のなかが乾燥することで気化し、空気中にニオイを発散させる。

口臭を治すには

毎日の歯磨き
毎日の歯磨きによるていねいなブラッシングで除去してください。
歯磨きこそが口臭を治すためのもっとも効果的で基本的な対策です。

舌をキレイにする
舌をキレイにして細菌を増やさないようにすることが大切です。
舌に直接スプレーして殺菌してしまう

コーヒー

原因
コーヒーの場合、舌に付着するコーヒー成分が口臭の原因になっているため舌磨きで舌の汚れを取り除くのが効果的。
カフェインの利尿作用により、お口が渇く
Phを酸性にすることにより口腔内細菌は活動が盛んになる
同時に加える砂糖やミルクは控えた方が良い

胃が荒れる
カフェインには胃液の分泌を促す働きもあります。
食後にコーヒーを飲むことは消化の助けになるのでよいのですが、空腹時にコーヒーを飲むと食べ物がない状態にもかかわらず胃液が多量に分泌され、胃が荒れてしまう恐れがあります。
胃の不調から来る口臭は、強烈なニオイになってしまう。

水分補給
利尿作用で奪われた水分を補給
唾液の分泌の低下を防ぐ
舌の表面についたコーヒー豆の微粒子を洗い流せる。
仕事や勉強をしながらコーヒーを飲むという方は、横にペットボトルの水を用意しておく。

舌磨きをする
歯石と舌の汚れを取り除くことで、ほとんどの口臭を防ぐことができることが明らかになりました。

マウスウォッシュ
口臭は、舌に付着した微粒子を取り除くことが一番よい方法
うがいによって口の中を清潔にするマウスウォッシュは効果的です。

飴・ガムを噛む
ガムを噛むことであごを動かせば唾液の分泌を促すことができます。

  • ※記事の内容は異なる場合もございます。
  • ※内容については保証できず一切の責任を負い兼ねます。

関連記事

↑top